みずやろうのポケモンヤロウ記

みずやろうのポケモンの記録です。

【ダブル】- 戦う!ピカチュウ大会チュウ!- エモキブルといろいろ

 ピカチュウ大会に参加しました。今回は擬似対戦サイトのショーダウンを初めて使ってみていろいろ調整してみました。

 追い風ができるエモキブルから構築を始めて、Sの速い威嚇のメガライボルト・耐性優秀な水ロトム・速めな高打点のエレザード、最後はエレキブルの対策は多ければ多いほうがいい+エレザードへの攻撃性能も欲しかったのでシビルドンレントラーで悩みましたが、シビルドンは遅いのが気になったのでレントラーにしました。レントラーなら一回威嚇食らっても馬鹿力でエレザードを落とせるのでスカーフを持たせることにしました。

 戦績は38戦30勝8敗のレート1760ぐらい。1830ぐらいの時に懸念していた威張るマルマインにぶち殺されてから負けがかさみ、WCSの興奮も重なって試合未消化のまま今回は終わりました。(このルールで1日15戦は多いよ…)

 

f:id:mizuyarou:20150821212829g:plain  f:id:mizuyarou:20150821212855g:plain
  f:id:mizuyarou:20150821212938g:plain f:id:mizuyarou:20150821213008g:plain
    f:id:mizuyarou:20150821213041g:plain  f:id:mizuyarou:20150821213116g:plain
f:id:mizuyarou:20150821214941j:plain

How to use

 エレキブルエレザードが暴れた後はライボルトレントラーでサポートしつつの削りを入れながらどくどく残飯みがまもロトムで詰めるというのが勝ち筋になります。

 エレキブルエモンガライボルトロトムレントラーエレザードを1組のセットとして考え、場合によってライボルトレントラーの2枚威嚇だったりライボルトエレザードだったりで早めにライボルトメガシンカさせたい場合などは応用を加えます。

 浮いてるポケモンが少ない場合はエモキブル+ライボロトム、威嚇が多かったり浮いてるポケモンが多かったりでエレキブルが刺さってなさそうな場合はレントラーエレザード+ライボロトムが基本でした。

 明確な処理が難しいシビルドンは上から殴りながらの毒殺です。マルマインは明確で汎用性のある対策が思いつかなかったので、追い風したりプラズマシャワーで威張るを吸ったり威張るをかいくぐったりで頑張ります。

 

 

 以下個別調整と雑記。

 

 個別調整

f:id:mizuyarou:20150821215553p:plainエレキブル@珠 電気エンジン

 地震/岩雪崩/プラズマシャワー/守る

 ようき AS H4

  実数値 H151 A175 B87 C* D105 S161

 

 今大会のトップメタ。

 始めはエモンガの威張ると合わせていばラムコンボにしようと考えていましたが、コンボが成立しなかった場合エースとしての火力が足りないと感じたのでコンボに頼らず1匹でエースの役割を果たせる珠にしました。

 エレザード+早足サンダースorエレザード+ライチュウ(ピカチュウ)の並びに対して比較的安全に次のターン上をとれるようにプラズマシャワーを仕込みました。これによってハイパーボイスを吸収して追い風を貼れば早足サンダースも抜けるようになり、猫騙しがどちらに飛んできても次のターン上を取れるようになります。エレザードがノーマル以外の技を撃ってきたりエレキブルに猫破壊光線とかされたらダメですが、猫騙しはほとんどエモンガのほうに飛んできた(飛んでくるだろうと想定してた)し、もしエレキブルに飛んできてもハイパーボイスは耐えるのでこの2枚重ねは全部うまくいったはずです。

 

 

f:id:mizuyarou:20150821215718p:plainエモンガ@メンハ 電気エンジン

 はたき/どくどく/手助け/追い風

 ようき HS A4

  実数値 H162 A96 B80 C* D80 S170

 

 今回唯一の追い風使い。エレキブルの良きサポーター。

 はたき・手助け・追い風は確定として、残りは挑発かアンコールのどちらかを考えましたが、どちらも一長一短で活きる場面もあれば腐る場面もありどちらにしても置物になる場面が出てくると思ったので、だったら毒を撒き散らす置物にして後ろのロトムの仕事を減らしてやろうと考えどくどくを仕込みました。このおかげでロトムが過労で終盤押し負けすることなく余裕を持ってみがまもできたのでこの選択は悪くなかったと思います。

 マルマインの挑発対策に持ち物はメンタルハーブ。

 

 

f:id:mizuyarou:20150821215739p:plainライボルト@メガ 避雷針→威嚇

 めざ地/バクア/火炎放射/守る

 おくびょう CS HB4

  通常実数値 H146 A* B81 C156 D80 S172

  メガ実数値 H146 A* B101 C186 D100 S205

 

 威嚇バークアウトのサポーター兼高速アタッカーとしてデンリュウより優先して採用。このルールだと耐久に振らなくても一撃で落とされることは少ないのでアタッカー性能を高めるためにCS。「めざ地で確2を取れる」のがとても重宝したのでCS振りで問題なかったと思います。

 オーバーヒートは外す可能性があるのとパワーダウン後の後ろの受け先が少ないので火炎放射。

 

 

f:id:mizuyarou:20150821215811p:plainロトム@残飯 浮遊

 ドロポン/どくどく/身代わり/守る

 おくびょう HS B4

  実数値 H157 A* B128 C125 D127 S151

 

 このルールだとロトムはほぼ必須枠でどのロトムにするかが重要ですが、今回は岩雪崩等倍でカット以外のロトムに対して優秀・マッギョライボルト(大概がめざ地・バクア・炎技・守るの構成だと予想して)にも有利な水ロトムにしました。

 その優秀な耐性を活かせるようにどくどく残飯みがまも型に。みがまも型にするなら相手の水ロトムの鬼火・どくどくやカットロトムリーフストームを身代わりで受けられるようにと最速にしました。

 このPTの貴重な受け出し要因でもあるので選出率は100%の今回のMVPでした。(癒しの鈴ランターンとか知らねぇよ…)

 

 

f:id:mizuyarou:20150821215840p:plainエレザード@メガネ 乾燥肌

 ハイボ/破壊光線/竜波/守る

 おくびょう CS H4

  実数値 H138 A* B72 C161 D114 S177

 

 エースアタッカーがエレキブルのみになってしまうのと対水ロトム性能が乏しかったので水ロトムに強い第2のエースとして採用。

 このルールは技枠が余ったりそもそも有効な技が乏しい奴らがよくはたき落としてくるのでそれに抵抗できるように守るを仕込みました。

 

 

f:id:mizuyarou:20150821215907p:plainレントラー@スカーフ 威嚇

 恩返し/馬鹿力/氷のキバ/嘘泣き

 いじっぱり H12 A252 B4 D4 S236

  実数値 H157 A189 B100 C* D100 S120

 エレザードついでにライチュウ抜き

 

 採用理由は前述の通り。物理に威嚇を入れたりエレザードを上から落とすためのスカーフですが、エモキブルの対策も兼ねてます。エモキブル相手にはレントラー+エレザードorライボルトで威嚇を入れつつエモンガを集中することで対策することにしました。

 エレザードを初手に出す際の基本選出として想定しているので、その際相手の威嚇でレントラーが腐ってしまった場合にエレザードを補助できるように嘘泣きを仕込みました。ただ嘘泣きでこだわったレントラーなんてあからさまに弱いので、嘘泣きを押す時は慎重に後ろを考慮しながら勇気を持ってボタンを押してました。空元気が欲しかった場面もありましたが空元気よりは嘘泣きの方が押してたと思うので悪くはなかったと思います。

 

 

雑記

 今回はショーダウンでいろいろ試したおかげで結構気に入ったPTができました。今回のような超マイナールールで、個体の準備も面倒・しかも大会終わった後は産廃になりそうなポケモン達をその都度用意しながらフレ戦なりで調整するよりは効率が良かったと思います。

 ショーダウンは外人が多く再戦も頻繁に起こるので、レートやってるような感覚にはならないですがPTの使用感を確かめるには良いところだと感じました。

 

 今回は意外とやる気があったんですがWCSがアツすぎて2日目以降はもうどうでもよくなってしまいました。ちなみにピカチュウはジュニアの方に期待してたのでハナから勝ちに行く構築を考えてました。

 

 

 そんなことより今年のWCSは面白かったですね。2009年以来の日本人チャンプ・ビエラさん優勝おめでとうございます!決勝トーナメント7/8日本人!トロフィー日本人総ナメ!今年のWCSは大興奮でした!ボストンで戦った皆さんお疲れ様でした。

 

 

 

 以上ここまで読んでくださいましてありがとうございました。